上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
この間、麻衣の強い希望で、知人に「びっくりドンキー」に連れて行ってもらった。
前に僕だけ「びっくりドンキー」に行ったことが気に入らなかったらしい。。
「びっくりドンキー」は車がないと行けないので我々には貴重なのだ。

店内で、この間の地震警報の話になり、知人の携帯は鳴らなかったらしい。
すると麻衣が
「この人には地震教えなくてもいいやってことじゃないの~」
と、
知人が「何でだよ!」
と言うので
僕が「この人は地震が起きても一人で何とかなると思われたんじゃね~の」
というと
麻衣が「この人は何とかならなくてもいいやってことでしょ~」
とさら~っと話を片付けた。

今更ながら麻衣には気をつけないと、気を抜いちゃいけないと心に決めた。。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
どうも36@サンゴ水槽はDinosっぽい苔(?)のようなものがでやすい・・・
苔っていうよりシアノっぽいようなバクテリアのコロニーのような。

よくいうDinosみたいな強い毒はなさそうなんだけど、こいつが出ると何かと調子を崩す魚、サンゴが多いからなんらかの毒素はあるんでないの。

なんとなくなんだけど、古い水道管の水道水に多いって言う鉄バクテリアが関与してるような気がするのよね~
一時この苔がすんごいブルームしたときDI(イオン交換)をつけたりとかROメンブレン変えたりとかしたら少し落ち着いた(非力なUV殺菌灯もつけたけど)こともあったしね。

で、ROメンブレンを変えてみた。
約2年使ったメンブレンなんだけど、ほとんどTDSは変わらず3~5ppmのまま。
家はすごく水圧が弱いからメンブレンの一部しか通水してなくて、通水されない部分でなんか良くないバクテリアが繁殖してるんでないの?と思ってみたり。

今までのは「フィルムテック」の75ガロンで新しいメンブレンはどこのだか分からないマーフィードの50ガロン。
早速通水するもいつまでたってもTDSが下がらない・・・半日通水しても10~12ppmのまま・・・
マーフィードに問い合わせてみるも、個体差があるとか、元の水道水のTDSが高いとかで、90%以上除去されてるから正常だと、、公表値では不純物除去率96~98%って・・確かに90%以上ね・・・
サポートには好感があったんだけど、たまたま問い合わせにでた人が悪かったのかな。

メンブレン交換でTDSは上っちゃったけど、DI通して1~2ppm。

今までで一番水槽調子が良かったときはROだけでDIなかったのよね~
TDSも今より高かったし。。

あんまり神経質になってもしょうがない、しょうがない、と言いながら加圧ポンプ付けてみようと目論んで~

あ~あの調子良かった頃の水槽に戻りたい。。
web拍手 by FC2
この間、メタハラ球のことで画像のっけたけど・・

このブログ休んでる間に・・・崩壊しました・・

この水槽で9年間、はじめて俗に言うRTNらしきものにみまわれました。。

実際比重はずしてたのかもしれないし、色々思い当たることはあるんだけど、、その辺はいつか書くとして、、一番ダメだったのが、なにも手を打たなかったってこと。

ちょっと仕事が立て込んでる中、溺愛(?)してるシマリスのぷくちゅうが具合悪くなって、音楽も踏ん張り時と

一気に重なって、なんかもう精神的にも水槽まで手が伸びなかったのよ。

でも、水換えくらいやっとけば良かった、、と今になれば思えるんだけどね~

はじめてサンゴを4つもおとしたのはさすがにこたえたね。。

やっちまったモンはしょうがねー、さっぱりしてやりたかったレイアウトができる!
と無理やりもっていくのは得意です。 たぶん。。
web拍手 by FC2
ホントは今試したいのは黄色みの少ない10000KにSCのディープブルーっていう組み合わせのハナヤサイ色揚げ狙い。
14000Kあたりなのかな?

で気になったのはパープルブルーっていう品名のもの。
届いてみると結構派手に傷だらけ・・・大丈夫か~?
101013a.jpg
まぁ~ヤフオクだからね~

で肝心の色味は、
101013b.jpg
(笑)完璧に白ね。。

パープルブルー・・・演色には青味も紫も皆無ね(笑)

ただ、黄色味は随分少なく見えるから趣旨は違っちゃったけど結果オーライ。。

パープルはまだしもブルーぐらいは入ってても良さそうなもんだけどね~
えたいの知れない球だけど、ハナヤサイがどうなるか楽しみにしてみよ。

後はディープブルーか・・・¥
web拍手 by FC2
生トウモロコシの効果は絶大!
どうにも下げ止まらなかった体重が若干上がってきた。。

久々にミルクも完食したらしい、、どこかにぶちまけたんじゃないかと見渡したけど、こぼれてないみたい。

一先ず毛玉取りスッ○リンを止めてドライパパイアと生パパイアを多めに切り替えた。
はじめのうち少ししか食べなかった生パパイアもガッツリ食べるようになって体重もグングン上る!
水分が多いからだと思ってたけど、次の日になってもそんなに体重は下がってなくてついにペレットまで食べだした~

いいぞぷくちゅう!

ペレットまで食べだしたときはホントに安心して、体中の気が抜けた言葉が出なかった~。
少し世の中が明るく感じたくらい(笑)

その後またあまり動き回らなくなったけど、再度2回毛玉取りスッ○リンを舐めさせて毛束フンが出ると食欲も元気も復活。
結局これが最後の毛玉取りでした。

一時は80切って78gまで減ってしまった体重もとうとう110gに到達!
ここ1年位100gを越えるほどの食欲はなかったのに。
もしかしたら1年位前から毛玉症がはじまってたのかな~かわいそうなことをしたかも。

それにしても一時は覚悟したこの5ヶ月はながかった、、

たまたま快方に向かっただけで、本来は出来るだけ早く信頼できる病院に相談するべき、今回のことは二の足を踏んだ悪い例。
ただ必ず信頼できることね。
101010.jpg
元気がなかったね・・
web拍手 by FC2
さて、毛玉取りを飲ませてから2日、すぐに効果がでてきた!
1日目に毛の混じったフンが今までにないくらい沢山でてきた。しかもセオリー通りフンとフンが毛で繋がってる。
それが今回の全ての原因か判らないけど、毛玉症なのはまず間違いない。

2日目にはフンに混じって束になった毛がでた。毛玉って玉なのかと思ってたけど毛束って感じ。
お腹が楽になったせいかよく動き回るようになったけど食欲はまだ戻らない。

でもここで発見、生のトウモロコシを半分、芯ごとあげると結構夢中。
口にするものが無くなっていく中これは助かった。

物によるけど、まだ食欲があるってことは最悪の病じゃないのでは?と嬉しくて飛び上がりましたね~(笑)

とにかく焦点は毛玉。

ひたすら取れる毛は抜ける前にとって抜けた毛はひらすら回収。
それでもフンに混じった毛はなくならない、、いったいどのくらいの毛が入り込んでるんだろう。

生トウモロコシを食べるようになって体重の減少が止まったよ。。

またつづく
web拍手 by FC2
一度痩せ出したシマリスの体重を上げるのは至難の業で減少を遅くさせるのがやっと。
ほとんど口にせず、動物用純プロテインとブドウ糖を混ぜたスタミノンだけが命綱。
一日中じーっとして寝てるだけなのにしっかり体重が減っていく・・

もしかして腫瘍か?

シマリスの腫瘍って皮下に出来るのが殆どらしいけど、触った限りそれらしきは見当たらない。
勿論舌も。もしかして内臓?・・

食が細いからフンも小さい・・とそのフンをよくよく調べてみたら、どうも生え変わりとは思えない毛が付いていた。
気になったんで全部のフンを調べたら、全部のフンに毛が付いてる。

これひょっとして毛玉症じゃないの?
あんまりないみたいだけど、シマリスも毛玉ができるらしい。

ほんとは検便だけでもすぐ病院に行くべきだけど、市販されてる薬か手術しか治療はないらしい。
ぷくちゅうの歳では手術はまず無理、だったら市販の毛玉取りを試してみよう。

で、探す探す、、いくらでもあると思ったら意外とない。
なんとかみつけたのがスッ○リンっていう猫用。
ちなみにパパイヤらへんの果物が毛玉取りに効果があることをこの時知った、とくにウサギ、フェレット用に多いみたい。

成分に流動パラフィンっていう確か日本かUSかで食品添加禁止のものが気になるけど、毛玉取りって毛を溶かしながら鉱物油とかで流しだす原理らしいから仕方がない、必要最小限度に留めるべきってことでしょう。

摂食前後とかぶっちゃいけないらしいけど、どうやって食べてもらおうか作戦をねってるうちにさっさと食べやがった。
しかもがっつり。
どうやら旨いらしい・・・ごはんよりも・・・

毛玉症だったとして、すごい薬が効いちゃって急に毛玉が流れだしたら閉塞起こすんじゃないかとかなり心配。
少なめにしたいけど、猫用ってシマリスにしたらどのくらいにしたらいいのよ?

ぷくちゅうは少な目であろう量を食べた後しばらくお腹をマッサージされながらご就寝。
これで良くなってくれと願うばかり。

ずっとつきっきりでこの頃が疲労のピークでした。

つづく・・
web拍手 by FC2
また更新が途絶えちゃいました。。
問題が発生すると更新が途絶えるハルボーです。

で、今回の問題はぷくちゅうが拒食になってしまいました。。

前からホントゆ~っくり食欲がなくなってきて、ホントに徐々にだったから「もう歳だからかな?」なんてのんびり構えてたら、かなり痩せて来た。

前から体重が上がらないな~と思って少しカロリー高めの食事にしてみても上がらず、ついに80グラム台に。

さすがに焦ってミルクやらスタミノンやら色々あげだしても体重維持がやっと。

それに何より食事量が全然少ない・・・

大好物だった物も段々口にしなくなって、ミルクも嫌がるようになりました。

選択肢もなくなりどんどん追い詰められてく・・

餌全般、小動物用ミルク2種、ゴートミルク、ニュートリカル、チーズ、ブドウ糖ヨーグルト、、全て拒否・・

信頼してる病院は家から遠く、車もないのでぷくちゅうにはかなりの賭けになるし、近くの大学病院ではシマリスは断られ、シマリスの経験にあまり明るくないらしい近所の病院以外もう万策尽きた。

故ぽこちゅうの時、「この病院には連れて行かせるべきではなかった」と思った経験があってかなり病院選びには慎重になってました。

つづく・・
web拍手 by FC2

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。